So-net無料ブログ作成
検索選択
link_blood_ donation.jpg

わんこの未来

出会いは3回目が勝負!《第6章》 [自己啓発]

「大切な人」との出会いは3回目が勝負!
≪3回つきあえばその人の「将来」がイメージできる≫



【第6章】 3回つきあえばその人の「将来」がイメージできる


■■■ 3回目で「未来像」を感じ取れる人なら大丈夫 ■■■

やってみたいことや憧れの世界、つまり自分の夢をはっきりと語ってくれるかどうかということです。

3回付き合って、もし未来に対して語るべきものが何もない、なんのイメージも描いていないということがわかったら、ここまでのつきあいがどうであれ、これからは一歩退いて様子を見たほうがいいでしょう。


■■■ すでに「勉強を始めているな」と感じさせる人は期待できる ■■■

調べたり学んだり情報を集めたりといった、大人の勉強方法が自然に身についています。

最低限、自分の未来に対して余計な不安も持っていないし、その上油断もしていない人です。現在の生き方が、地に着いている人です。


■■■ 心底「頭のよさ」を感じさせてくれる人には未来がある ■■■

自分が知らない知識を次々に披露してくれる「物知り」な人のことではありません。

ものの考え方に柔軟性があり、1つの問題をいくつもの角度から見直すことができます。仕事上の問題でも人間関係の悩みでも、あるいは日常の中のちょっとした小さな問題でも、「なるほど」と思わせる答えを出してくれます。


■■■ 精神的に安定するのも「頭のよさ」の現れ ■■■

他人の気持ちやその場の雰囲気を汲み取る能力が備わっている人です。自分の感情をきちんとコントロールできる人だからこそ、他人への配慮や気配りもできるのです。


■■■ 将来のために「我慢」できる人はいつか成功する ■■■

未来がイメージできるということは、現在に何か意思的なものを感じ取れるからです。

何かの目標を持つことは、同時に我慢することでもあります。目標を実現するために、眠いのを我慢したり、遊び時間を我慢したりしなければいけません。

あなたの話をさえぎったり自分の話題に変えたりしないで最後まで聞いてくれるかどうか、頼んだ料理が運ばれるまでイライラすることなくおしゃべりしてくれるかどうか、混雑した電車の中でも礼儀正しい姿勢を崩さずに立っているかどうかなどといったことで、我慢をいとわない人かどうかがわかります。


■■■ 過去をいつも悔いている人はそこから前進できない ■■■

「あそこでこうしていれば」とか、「あのときこうなっていたら」といった過去を悔やむような言葉が何かの拍子にもれるようでしたら、その人は常に現在への不満を抱えています。


■■■ 楽天的な人や「どうせ」を連発しない人は成功する ■■■

考えても始まらないところであれこれ自分の予想を並べて結局何もしない人より、楽天的なタイプのほうがはるかに打たれ強いし、行動半径も広がります。

他人の評判やいままでの経験だけで相手を予想せず、自分が付き合ってみてその上で判断する大らかさがあります。


■■■ 素晴らしい未来を手に入れる人は型にはまらない人 ■■■

個性を受け止めたり、変化を楽しんだりする気持ちを持ち、相手を型にはめ込もうとはしません。自由で気楽な人間関係を目指します。結局、周囲の人たちにも楽しさやくつろぎを与えることになります。






nice!(21)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 21

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。




■■■■■■■■ 【 恋 話 こ い ば な 】 ■■■■■■■■

出会いは3回目が勝負!
恋に落ちる
たまには恋話を(*^-^*)
ハイスクールの恋
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。